仕事先を探そう

「転職をしよう」と決めたら、何はともあれ次の仕事を探し始めるでしょう。そこで、どのような探し方をすると良いのか。まず考えるべきは、生活です。日常生活をするには、お金が不可欠。やはり、現職を続けながらの転職活動が良いでしょう。この場合には、仕事の探し方にコツがあるのです。人手不足と騒がれている介護職であっても、慎重な転職活動が必要です。様々な求人媒体について詳しく紹介していきます。

仕事探しのサポート体制が万全

人材派遣会社に登録する方法は、人材派遣会社が仲介に入り、自分の条件に合った仕事先を決めてくれるため、悩まされることは少なくなります。派遣社員として働くこととなり、残業が少ないことも魅力です。しかし正社員とは違い、派遣社員は別扱いされる現場もあり、キャリアアップには向かない働き方と言えるでしょう。
人材紹介会社を利用する方法も良いでしょう。雇用主は勤務先の事業所になります。人材紹介会社のコンサルタントが事業所との間に入り、様々な交渉を行なってくれることがメリットです。働き方の条件や報酬に関してコンサルタントにきちんと伝えておきましょう。

ぜひ「きらケア」のキャリアアドバイザーにご相談ください。 あなたの不安が解消されるまで、アドバイザーが支援することをお約束します。

引用元:きらケア

介護士のための介護に特化したお仕事紹介サービス「きらケア」。 豊富な求人情報と地域に密着したキャリアアドバイザーが万全のサポートをします。

専任のコンサルタントが適正・能力・希望条件などを最大限考慮して、お仕事情報をご案内致します。当社の支社が近くにない方やご来社いただくお時間のない方もお気軽にご相談ください。

引用元:MC-介護のお仕事

「MC-介護のお仕事」は介護総合求人サイトです。多種多様な働き方を全面的にサポートします。

現職を持ちながらの転職時に最適

求人サイトや転職サイトでは、求人の情報量が多く、自分の求める条件で仕事を探すことが可能です。働くイメージがしやすいため、安心感があります。就職説明会もあり、職場の雰囲気が分かることもメリットです。そして、時間を気にせず仕事探しができることが最大のメリットでしょう。デメリットは、多くの求人件数から絞り込むことが難しくなる可能性があるため、慣れるまで時間を要します。

安定した地域密着型

ハローワークは最大の登録件数を誇り、全国に拠点がある公的機関です。担当者に相談でき、インターネットからも検索や応募をすることが可能です。デメリットは、利用料が無料のため零細企業も求人を載せていること。そして、土日が休みである点です。また基本情報しか分からないので、詳細な現場の雰囲気が伝わらない部分もあります。
無料の求人情報誌や広告で探す手もあります。ハローワークと同様に地域密着型の情報が多いのか特徴的。他の媒体に比べて仕事内容の情報量が少ないことがデメリットです。あとは、友人の紹介などでの転職もありますが、断りにくい点や辞めにくくなる傾向もあるようです。

現職を辞める前に対策する

「転職によって、自分を活かし活躍できる仕事を見つける」と強い意志を持っていても、現職よりも良い条件の仕事を探すには、時間がかかります。もし辞めた場合、次の仕事を探すまで金銭的に厳しい状況になり得ます。そうすると妥協して転職先を決めることになりかねません。そのため、現職を辞めてから仕事を探すことは、効率的にもあまりおすすめできません。
転職する時の順番として、焦らず次の仕事を見つけるためにも現職を続けながら探しましょう。介護職の探し方には様々あり、求人媒体の特性を理解しておくことも重要です。それぞれの求人媒体のメリットやデメリットをきちんと把握しておきましょう。

仕事先を探そう

こちらの記事がおすすめ